医療機器安全実践必携ガイド 医療情報編

在庫状況あり
ISBN978-4-901276-45-0
サイズA4

コンピュータのハード・ソフト両面の基礎知識を身に付けると共に、莫大な個人情報の集積場所としての病院の特にセキュリティ対策に主眼を置いて解説をする。また診療録の基本と院内各部門システムについての概要を述べ、バーコードによる物流の効率化にも触れる。

第Ⅰ章:コンピュータの基礎

1 アナログとデジタル
2 ハードウェアの基礎知識
3 ソフトウェアの基礎知識
4 ネットワークの役割と通信プロトコル
5 ネットワークの構成
6 ネットワークの設定

第Ⅱ章:情報セキュリティの基礎

1 情報セキュリティとは
2 暗号化技術と認証技術
3 ネットワークセキュリティ技術

第Ⅲ章:医療情報の特殊性と医療情報システム

1 医療情報の特殊性
2 医療・介護における個人情報保護
3 医療情報の取り扱い
4 医療情報システムの変遷とその問題点
5 医療情報のセキュリティマネジメント
6 医療情報システムの安全管理
7 外部事業者が医療情報を取り扱うための各種ガイドライン

第Ⅳ章:診療録とその他の諸記録

1 診療録とその他の諸記録とは
2 その他の諸記録の取り扱い
3 診療録とその他の諸記録の法的保存
4 診療録の記載方法
5 その他の諸記録

第Ⅴ章:病院情報システム

1 病院情報システムの概要
2 病院情報システムの機能の概要
3 部門システム
4 部門連携システム

第Ⅵ章:医療情報の標準化

1 医療機器における標準化
2 現在の製品識別の標準仕様
3 用語・コードの標準化
4 医療機器等の標準コード運用マニュアル
5 医療機器データベースの活用
6 医療機器サプライチェーンマネジメントモデル
7 日本国内の最新動向
8 鋼製器具の標準化の動向
9 歯科領域の機器標準化

TOPへ